ホーチミン鈴木不動産のニュース・コラム

ベトナムの2020年 GDPを4.9%成長と世界銀行は予測

ベトナムの2020年 GDPを4.9%成長と世界銀行は予測

ベトナムは今年5%のGDP成長率を目標としており、国際的な予測を上回り、パンデミックの影響を克服するための急速な回復戦略に力を入れています。主要な国際機関は、今年のベトナムの成長予測を大幅に下げています。世界銀行は4.9%の成長、そして国際通貨基金(IMF)はわずか2.7%の成長と予測しています。ベトナムの第1四半期のGDP成長率は、10年ぶりに3.82%まで低下しました。

フック首相は、成長の鈍化が見られるものの、東南アジア(ASEAN)の他国よりも高いと伝えました。さらに、ベトナム政府は迅速にコロナからの回復するための刺激策を実施すると発表しました。

世界銀行の予測を超え、ベトナムの2019年 GDPは6.9%成長

ベトナムの経済成長率について、2019年は6.6%に達すると、 世界銀行は Managing Headwinds Reportで4月24日に予測しました。

経済成長率は、金融の引締め、個人消費の鈍化、外需の低迷により若干低迷しました。中期的には、現在の好循環な上昇傾向のため、成長率は約6.5%を維持し続けると予測されています。労働市場は、引続き良好で貧困率はさらに減少するとも予測しています。

ベトナムの2019年の経済成長率は、6.88%と世界銀行の予測を上回る結果となりました。

世界銀行は、ベトナムへ世界経済の変化に応じた積極的かつ慎重な管理を要請

東アジアや他の発展途上国の成長率については、 2018年の6.3パーセントから、2019年、2020年は6.0パーセントに落ち込むと予測しました。

ベトナム成長の理由3点を解説!世界経済フォーラムで紹介






ベトナムへの投資はホーチミン鈴木不動産

私たちは、ベトナムのホーチミンを中心として、マンション、オフィス、投資不動産の賃貸、購入のサポートをさせていただいております。

弊社は購入者様に タイムリーな情報を的確かつ正確に、ご案内することを強味としております。

当ホームページでは、ベトナムを中心として、最新の不動産・経済・旅行・イベント系のニュース記事をご紹介しています。
また、筆者の香港におけるコンサルタントの経験から、コラム記事では、不動産、経営、会計、税務、労務についてもご紹介しています。
もしよろしければ、覗いてみてください。

スクロールアップする