ホーチミン鈴木不動産のニュース・コラム

Vingroup(ビングループ)のVinMart(ビンマート)がバーチャルストア・クレカ不要のスマホアプリを開発

Vingroup(ビングループ)のVinMart(ビンマート)がバーチャルストア・クレカ不要のスマホアプリを開発

Vingroupは、VinMartブランドの一つとして、ハノイとホーチミンの20か所でバーチャルストアを「VinMart 4.0」立ち上げます。購入者は「Vin ID」のスマホアプリを通じてQRコード決済することになります。ベトナムでは、クレジットカードがあまり使用されていないため、クレカ不要のアプリで新規展開を進めます。

Vingroupが進めるバーチャルストア「VinMart 4.0」

Vingroupが進めるバーチャルストア「VinMart 4.0」では、現実とバーチャル世界を融合したストアです。陳列台にはスーパーマーケットのように100種類以上の商品が並び、購入者は実際目で見て、手に取って決済をします。商品は、その後注文から2〜4時間以内の配送されます。

VinMart 4.0では人口が密集したエリアのスーパーマーケットを目指しています。バーチャルストアは、特に住宅用ビル、オフィスビル、学校、バスステーションなどの人口密度の高い地域に設置されます。購入者はアプリケーション「Vin ID」を開き、VinIDに搭載された「Scan&Go」で、 購入したい商品のQRコードを スキャンするだけで決済ができます。その後、4時間以内にはVinMartから商品が提供されます。

スマホアプリでショッピング ベトナム73店舗のVinMart

VinMartバーチャルストア以外にも、Vingroupはベトナム全国の73店舗のVinMartでScan&GoによるQRコード決済の適用を進めます。

VinMart 4.0と同様に、購入者はVinMartのショッピングハンドブック・ショッピンパンフレットを通して「遠隔地でもVinMartのショッピング」を体験することができます。通常のスーパーマーケットのパンフレットとは異なり、VinMartショッピングハンドブックには、購入者がScan&GoでQRコードをスキャンするだけです。

ショッピングハンドブックには、800種類以上の商品がカテゴリー別に分割されています。購入者が快適に自宅で買い物ができるように、ショッピングハンドブックには、食品、ファッション、パーソナルケア、家電製品など、基本的な消費財のすべてを提供します。

VinMart 4.0バーチャルストアとVinMartショッピングハンドブックはどちらもベトナムで初めてのの試みで、スーパーマーケットに行かなくても遠隔で商品を購入することができます。アプリケーションは、2019年3月にリリースされました。

Vingroupの電子決済アプリの特徴

Scan&Goによる電子決済によって、オンラインとオフラインの両方でショッピングができます。

購入者の需要を満たすショッピングハンドブックさえあればすぐに買い物ができ、Scan&GoでQRコードをスキャンすると、購入者は価格、ブランド、製造元からさまざまなキャンペーン・セールまで商品情報を知ることができます。

VingroupはVin IDによってベトナムで消費革命を起こし、時間節約、購入者の利便性が向上します。Vin IDアプリケーションは購入者の電子決済を促し、または迅速かつ安全な方法で銀行口座を利用し、購入者がキャッシュレスの機会を与えます。Vin IDアプリの電子決済はワンストップでショッピングができる完全なプラットフォームです。

ベトナムでビングループ(Vingroup)はIT、自動車、ヘルスケアの投資を強化

今回は、ビングループによる小売事業ビンマートをご紹介しました。 経済成長が著しいベトナムの中でも、ベトナムを代表する大手総合系企業です。ビングループは、この他にもさまざまな先端分野へ投資を注いでいます。

鈴木不動産では、ビングループのニュースはタイムリーに発信しています。






ホーチミン鈴木不動産について

私たちは、日本人のお客様へ、ホーチミンの不動産(マンション・サービスアパート・オフィス・事業用地)の購入、賃貸のサポートをさせていただいております。また、インターネットを通じて、ホーチミン現地ならではの情報、ベトナムの最新情報をお伝えしております。

マンション、物件情報はもちろんのこと、ホーチミンの現地情報など、ご質問、ご要望等ございましたら、お気軽にお問合せください。

スクロールアップする