ホーチミン鈴木不動産のニュース・コラム

ベトナム南北高速鉄道590億ドル以上の予測

ベトナム初の高速鉄道 ( ホーチミンからハノイまで ) は約590億米ドルとの試算結果!

ハノイ – 11月12日に運輸省の会議で発表された事前実現可能性報告によると、ハノイからホーチミン市までのベトナム初の高速鉄道は約590億米ドルの費用がかかります。

輸送技術設計組合(TEDI : Transport Engineering Design Inc)、南部輸送技術設計組合(TEDIS)および輸送投資建設コンサルタント会社(TRICC)を含む国営コンサルタント会社のグループは、20都市を結ぶ、1,545キロメートルの鉄道路線の建設を提案しました。 

南北線路の60パーセントが高架橋、10パーセントが地下、30パーセントが地上になると報告しました。このルートには、1435 mmの2本の標準的な線路、24駅、42修繕施設があります。

ベトナム鉄道開発は3セクションで段階的に実施!

この経路は別々の投資と建設のために3つのセクションに分けられます。
カインホア省のニャチャン市からホーチミン市(362.15キロメートル)への鉄道区間 、ハノイからゲアン省への鉄道区間(282.65キロメートル)は2030年までに完成予定です。 ヴィン市とニャチャン市との鉄道区間は、2030年から2040年~2045年に開通する予定です。

建設は公共投資または官民パートナーシップに基づいて行われます。ベトナム初の高速鉄度は最低時速200キロメートル、最高時速320キロメートルとなります。

2020年から2025年の間に実現可能性調査を実施し、建設は2026年に始まり、2050年までに完了する予定です。

スクロールアップする