ホーチミン鈴木不動産のニュース・コラム

consumer finance

ベトナム 消費者金融の最大手FEクレジット、モバイル アプリでサービス向上へ

ベトナム 消費者金融の最大手FEクレジット、モバイル アプリでサービス向上へ

ベトナムの金融業界の急速な成長に伴い、ユーザーエクスペリエンスの必要性が高まっています。金融業界へ最新技術を摘要することは、日本の状況と同様に求められています。

ベトナム 消費者金融の最大手FEクレジットは、市場シェア拡大に加えて、最新技術を顧客へ提供していきます。

ベトナムの消費者金融への投資

ベトナムの消費者金融は目覚しい成長を遂げています。国家金融監督委員会の金融市場に関する報告書によると、ベトナムの消費者金融は2015年以来急速に成長しており、2017年の成長率は65.2%で、2017年は65%に達しました。

ベトナムの消費者金融の急発展により、ベトナム国内はもちろん、海外からも多くの企業が参入、投資してきています。銀行やサービス企業は、消費者金融の部門を新しく設置しました。さらに、外資系企業の多くは、新設法人の設立や現地企業の買収の投資スキームで、ベトナムへ進出してきています。

ベトナム 消費者金融の最大手FEクレジットとは?

ベトナムの消費者金融の先駆者として、FEクレジットは、消費者金融市場で最大のシェアを占めるVPBankの全額出資金融子会社として、2010年に設立されました。FEクレジットは、2018年において、個人ローン、消費者ローン、二輪車ローン、クレジットカード、保険と幅広い商品を提供し、全国63州で1000万人以上の顧客へサービスを提供してきました。

モバイル サービスの向上は中国のアプリが目標

ITの分野でベトナムよりも先をいく、中国やインドでは、消費者金融の融資の申請、承認、支払の一連のプロセスは、完全にインターネットを通じてデジタルデータとして処理され、顧客がお金を受け取れるまでに10分程度しかかかりません。FEクレジットは、ベトナムで中国と同じサービスの提供を目標に定めています。モバイルの融資サービスが向上させ、運用コスト、新規顧客獲得に繋がることが期待されています。

consumer finance 1

FEクレジットのモバイルアプリとは?

FEクレジットのアプリは2018年にサービス開始

FEクレジットのアプリは2018年8月に開始されました。利用者はこのアプリで、簡単に融資手続きを利用でき、申請から15分で融資側から事前承認を得ることができます。さらに、24時間以内に承認と支払いが可能となりました。

消費者金融のモバイルアプリ、どのようなサービス?

API(Application Programming Interface:アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)を通じて、デジタルテクノロジーとフィンテックソリューションとが統合された、画期的なプラットフォームが登場しました。新規口座開設に必要な各種承認手続き(KYC:Know Your Customer)を簡素化することなく、これまでの窓口業務のフローと新技術が融合されました。アプリケーションはベトナム語で表示され、人工知能AI、光学式文字読取装置OCR、イン音声のテキスト変換、音声ベースのアシスタント、電子署名などの最新機能が搭載され、ユーザーエクスペリエンスを高める機能が豊富に搭載されています。

消費者金融のモバイルアプリ開発、EYと提携しても問題だらけ。。。

FEクレジットは、世界4大会計事務所の一つであるEY(アーンスト・アンド・ヤング)とモバイルアプリの開発を進めました。EYは会計、税務、アドバイザリー・サービスを専門とするグローバル企業です。

EYチームはインドで同様のデジタルの融資アプリを立ち上げた経験がありましたが、ベトナムでは、個人ナンバー ID、公共料金請求書、直近の給与明細などの審査資料は依然として紙ベースで保管されていたことは、インドにはないベトナム特有の課題でした。4か月にわたり、EYチームは、FEクレジットに対し、アプリケーション設計、ベンダーの選定、プロトタイプ作成についてコンサルティングを行いました。

ベトナムの消費者金融、FEクレジットは最大手に

FEクレジットは消費者金融をリード

2019年5月現在、アプリのダウンロード数は100万を超え、FEクレジットは、これまでに想像もしなかったスピードで、市場をリードし、最大手の地位を獲得しました。従来の紙ベースの手続きや対面式の窓口業務、KYCの手続きを削減することによって、FEクレジットは新規顧客獲得、人件費削減等によるランニングコスト削減へと繋がりました。

FEクレジットはシンガポールの金融企業とも提携

2019年、FEクレジットは、金融・保険商品の比較サイトを運営するシンガポール系ゴーベア(Go Bear)との間で事業提携の契約を締結しました。ゴーベアはFEクレジットと協力し、融資アプリ「ゴーベア・パワードバイFEクレジ ット(GoBear powered by FE CREDIT)」を展開しています。

FEクレジットのこれまで

1993年 FEクレジットの親会社であるVPBankが設立

現在、資本金は25兆3000億ドン(約1190億円)、7,000人以上の従業員を有しています。ベトナムの主要銀行12社のグループの一員(G12)です。

2010年 VPBankは消費者金融部門として、FEクレジットを設置

2018年 消費者金融最大手 FEクレジット、55億円の融資を調達

英国領バージン諸島に拠点を置くプライベートエキュティファンドのライオン・アジア (Lion Asia)と融資契約を締結しました。FEクレジットは事業拡大の目的でライオン・アジアから、5000万USD(約55億円)の融資を調達しました。同社は2017年8月に資本金を4兆4740億VND(約210億円)へと引き上げました。

2019年 シンガポール系ゴーベア(Go Bear)との間で事業提携の契約







ホーチミン鈴木不動産について

私たちは、日本人のお客様へ、ホーチミンの不動産(マンション・サービスアパート・オフィス・事業用地)の購入、賃貸のサポートをさせていただいております。また、インターネットを通じて、ホーチミン現地ならではの情報、ベトナムの最新情報をお伝えしております。

マンション、物件情報はもちろんのこと、ホーチミンの現地情報など、ご質問、ご要望等ございましたら、お気軽にお問合せください。

スクロールアップする