ホーチミン鈴木不動産のニュース・コラム

ユニクロ !ベトナムのホーチミン1区にいよいよ出店!場所はドンコイ通りとレタントン通りの近く

ユニクロはレタントン通りとドンコイ通りから近くに出店

ユニクロは、2019年年末に、日本人街であるドンコイ通りとレタントン通りから近くのパークソンにベトナムでベトナムでの最初の店舗をオープンさせると、発表しました。ユニクロは、日本人なら誰もが知り、ベトナム人でもファッションを気にする若者には、よく知られたグローバルアパレルショップです。

ドンコイ通りとレタントン通りの曲がり角に位置するユニクロドンコイは、市内で最も有名な店舗ひとつであるパークソンに入居します。ユニクロドンコイは、東南アジア最大のユニクロのストアの1つとして、3,000平方メートルを超える売場面積を特徴とし、男性、女性、子供向けのアパレル用品を提供します。

ユニクロのベトナム共同最高執行責任者である池添氏は、次のように述べています。「私たちは、すべてのお客様にとって興味深く便利なロケーションに、ユニクロのブランドとライフウェアーを提供させることをお約束します。」

ライフウェアーは、すべての人々の日々のライフスタイルのニーズを満たす完璧なファッションを提供することがユニクロの命題です。高品質、機能的、手頃な価格、革新的なライフウェアーは、あらゆる年齢の人々にさまざまな色とデザインで提供いたします。

ユニクロのホーチミン1区への出店まで

これまでの報道では、ホーチミン1区へユニクロが出店させるまでに1年を要してきました。2018年の8月には、三菱商事とファーストリテイリングの両グループが提携し、2019年秋からベトナムでのユニクロの小売事業を立ち上げ、開発することを発表しました。

ユニクロは、東南アジアで最も魅力溢れる市場としてホーチミンを位置づけ、今後の成長のポテンシャルを期待しています。ユニクロの東南アジアへの展開をさかのぼると、2009年にシンガポールで初めて東南アジアの巣ってんを成功させました。その後、東南アジアおよびオセアニア地域での事業の展開を進め、今では、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、オーストラリアで小売事業を展開しています。

2019年の4月には、ファーストリテイリングは、ベトナムの日系企業の人材紹介会社であるパソナを通じて、2つのポジションを募集していました。そして、いよいよオープンとなります。

ユニクロ・ベトナム(UNIQLO VIETNAM)は、ファーストリテイリングと三菱商事との合弁企業で出店に

ユニクロ・ベトナム(UNIQLO VIETNAM)は、ファーストリテイリング・シンガポール(Fast Retailing (Singapore))が75%、三菱商事株式会社が25%出資し、合弁企業を経由して出店させます。ファーストリテイリンググループの柳井代表は「ベトナムは、2011年にタイ、2013年にインドネシア、2017年にロシアに続き、ファーストリテイリングと三菱が合弁会社を設立し展開を進める4番目の国になる」と述べています。




ホーチミン鈴木不動産について

私たちは、日本人のお客様へ、ホーチミンの不動産(マンション・サービスアパート・オフィス・事業用地)の購入、賃貸のサポートをさせていただいております。また、インターネットを通じて、ホーチミン現地ならではの情報、ベトナムの最新情報をお伝えしております。

マンション、物件情報はもちろんのこと、ホーチミンの現地情報など、ご質問、ご要望等ございましたら、お気軽にお問合せください。

スクロールアップする