ホーチミン鈴木不動産のニュース・コラム

solar panel

再生可能エネルギーの事業への投資

再生可能エネルギー事業への投資

最新のJLLレポートは、将来への代替投資の必要性を指摘しています。

JLL Vietnamの地域統括部長のスティーブン・ワイアット氏によると、ベトナムは多くの再生可能エネルギーの生産に適した地理的特性を有しています。

5月27日に発表されたJLLの報告書では、世界中の機関投資家がここ数カ月のうちにベトナムのエネルギーインフラ分野に投資する計画を発表したことを指摘しました。これにより代替エネルギー市場が促進されます。

ベトナムは他国よりも長い海岸線、東南アジアの熱帯気候、力強い農業経済を有しているため、風力発電、太陽光発電、バイオ燃料には最適な条件を生み出しています。

ベトナム政府は再生可能エネルギー事業への投資促進

ベトナム政府の方針も、多くの投資家がこの分野に参入することを奨励しています。産業貿易省は、太陽光発電に関するプロジェクトへの開発を促進するため第3草案を発表しました。再生可能エネルギー事業を促進するという、政府の継続的な姿勢が示された形となります。

「政府が積極的な姿勢で、再生可能エネルギーの投資を支援することは、海外投資家にとって非常に魅力的な投資対象となるでしょう」とワイアット氏は述べています。

今年注目すべきプロジェクトの1つは、ベトナムのBIMグループは、はフィリピンのAC Energyと提携し、ニントゥアン省のBIM太陽光発電を開発しました。太陽光発電は3つの設備で構成され、発電容量は330MWと東南アジアで最大規模のメガソーラー発電システムとなります。

ワイアット氏は、続いて次のように述べています。
「現在のベトナムの電力網には大きな負荷がかかっています。特に主要都市や工業地帯では、需要の増加が拡大しエネルギー価格は上昇すると予想されています。このようなオルタナティブ投資は、ベトナムの成長において重要な役割を果たすことになるでしょう」

再生可能エネルギーの投資 | 海外

世界中の各主要都市は、再生可能エネルギーに向けて準備を進めています。
アメリカのシカゴでは2025年までに風力と太陽エネルギーですべての都市施設に電力を供給することを計画しています。これは900以上のビルへ電力供給をすることと同じ水準です。
アメリカのアトランタでは2035年までに再生可能エネルギーを100%達成することを宣言しました。

アジア全域においても、政府やデベロッパーは持続可能な建築、再生可能エネルギーへの投資を着実に実施し、無駄なエネルギー消費の削減を進めています。中国は、再生可能エネルギーで先端を走るシンガポールに追いつくため、多大な投資を進めています。

ベトナムのエネルギーや電力不足

ベトナムではエネルギー不足、電力不足が大きな問題となっています。

解決策の一つとして、再生可能エネルギーへ投資を促進されています。しかし、電力不足は喫緊の課題となり、火力発電所の開発も進められています。

アメリカは火力発電所の開発支援を進め、ベトナムは安定な電力供給、環境に配慮したエネルギーポートフォリオに向けての施策を進めることとなります。




ベトナムへの投資はホーチミン鈴木不動産

私たちは、ベトナムのホーチミンを中心として、マンション、オフィス、投資不動産の賃貸、購入のサポートをさせていただいております。

弊社は購入者様に タイムリーな情報を的確かつ正確に、ご案内することを強味としております。

当ホームページでは、ベトナムを中心として、最新の不動産・経済・旅行・イベント系のニュース記事をご紹介しています。
また、筆者の香港におけるコンサルタントの経験から、コラム記事では、不動産、経営、会計、税務、労務についてもご紹介しています。
もしよろしければ、覗いてみてください。

スクロールアップする