ホーチミン鈴木不動産のニュース・コラム

vietnamese mall

ベトナムへ進出するときのビジネスモデル

ベトナムへ進出するときのビジネスモデル

ベトナムにおける長期的なビジネスの成功のために、ベトナムの販売会社との提携を含む、包括的な流通ネットワークを必要です。販売提携先、消費者市場の理解を深め、正しいビジネスモデルの選択が重要です。

外資系企業は、提供する製品やサービス、ターゲット市場、資本要件、コスト、品質管理、および運用の柔軟性など、要件と機能に基づいて最適なビジネスモデルを決定する必要があります。

外資系企業は3種類の方法で事業を開始することが一般的です。

ベトナム進出のビジネスモデル

  • 駐在員事務所;
  • サービス会社(有限責任会社)
  • 商社(有限責任会社)

投資家にとって最も適したビジネスモデルを選択し、それぞれのモデルに合わせた目標と業務の経営管理を行っていく必要があります。

今回は、これらの定義や特性についてご紹介します。

ビジネスモデル① 駐在員事務所

駐在員事務所は、ベトナムで最も低コストで設立できる上、シンプルなビジネスモデルです。駐在員事務所は主に次の目的で使用されます。

  • 親会社との窓口
  • ベトナムの販売業者との関係維持
  • 品質管理

ホーチミンの賃貸オフィス ページはこちら

駐在員事務所は通常、駐在員事務所独自の利益を生み出すこと、および直接契約を締結することを禁じられています。駐在員事務所は法的地位を持たず、親会社と契約のみを行うことができ、ベトナムのビジネス推進のため、調整機能としての役割を持ちます。駐在員事務所は従業員を採用することができますが、1つのオフィスの賃貸のみに制限されます。

駐在員事務所は、ベトナム市場への理解を深め、親会社との窓口を務める際に適しています。特別な資本要件がないため、駐在員事務所は低コストで参入できます。

駐在員事務所は設立や運営が比較的容易なものの、請求書の発行や契約書への署名ができないため、運営範囲が非常に制限されています。ただし、これは会計や税金に関連する業務負担を軽減し、運用コストを低く抑えるという利点があります。

制限があるにもかかわらず、外国投資家は、コストを低く抑え、市場を理解し、既存の流通業者と活動を調整することができるため、駐在員事務所を選択することは珍しくありません。

ビジネスモデル② 有限責任会社

駐在員事務所とは異なり、外資系有限責任会社(有限責任会社)は、営業活動を行え、ベトナムドン(VND)で現地の請求書を発行することができます。出資者の責任は出資資産のみに限定され、現地スタッフを直接雇用することもできます。しかし、有限責任会社のモデルでは、株式を発行することはできません。

企業が有限責任会社を設立するための最低資本要件はありません。しかし、プロジェクトの規模と範囲に基づいて、資本金が妥当な金額であるか、確認する必要があります。銀行、不動産、監査といった特定の業界では、一定の登録資本要件があります。

ベトナム国内における販売目的として、2種類の有限責任会社があります。

  • サービス会社
  • 商社

 

サービス会社

サービス会社の定義は、第三者にサービスを提供する機能を有する法人です。

投資家はこのモデルを研究活動、品質管理、製品開発、設計、および物流サービスに使用します。商社や製造会社と比較して、法人設立に必要な時間と資本の要件厳しくなく、有限責任会社として設立する際の最もシンプルな形態です。

駐在員事務所はより簡単に設立できるものの、駐在員事務所の運用とコストが上昇し始めた場合は、サービス会社へ形態を変更することが得策です。サービス会社では、事業する上で、運用の柔軟性を高めます。

商社

企業がベトナムにおける国内流通(小売、卸売、フランチャイズ)に加えて輸出入活動に従事したい場合、最も一般的な方法は商社の設立です。一般的に、商社を設立することで、調達、品質管理、流通における、外資系企業の運営管理を強化できます。

駐在員事務所やサービス会社と比較して、輸出入活動、供給業者や流通業者と緊密な連携を必要とするため、商社として投資する場合はより資金を必要とすることが一般的です。

商社を設立するための許認可の申請は、申請書類を関係当局に提出した日から4〜6ヶ月かかります。世界貿易機関(WTO)の下、100%の外資系企業として設立させることができます。

 

ベトナムへ進出するときの注意点

ベトナムでは、外国製品は一般的に品質、安全性、信頼性において、高く評価されています。ブランドの認知度は、口コミ、インターネット、マーケットプロモーション、広告からもたらされます。

ベトナム ハノイへの進出

エネルギー、航空、通信など、ベトナムのインフラ開発に関連する製品を販売する商社は、ベトナムの国営大企業が多く拠点を置いているハノイ周辺地域に焦点を当てています。さらに、政府関係当局まで距離が近く、政府とのやり取り、承認プロセスをより円滑に行うことができます。

ビジネス成功のための注意点

ベトナムに籍を置く企業は、製品情報をベトナム語で現地の代理店や販売店に提供する必要があります。ベトナムにおけるビジネスの成功のために、より実践的な施策が必要です。

ベトナムの経済が急速に成長しているため、ベトナムの現地の代理店や流通業者は、複数のブランドを取り扱っていることが多くあります。そのため、外資系企業は現地代理店との良好な関係を通して、現地市場の変化や発展についていくことができます。



ベトナムへの投資はホーチミン鈴木不動産

私たちは、ベトナムのホーチミンを中心として、マンション、オフィス、投資不動産の賃貸、購入のサポートをさせていただいております。

弊社は購入者様に タイムリーな情報を的確かつ正確に、ご案内することを強味としております。

当ホームページでは、ベトナムを中心として、最新の不動産・経済・旅行・イベント系のニュース記事をご紹介しています。
また、筆者の香港におけるコンサルタントの経験から、コラム記事では、不動産、経営、会計、税務、労務についてもご紹介しています。
もしよろしければ、覗いてみてください。

スクロールアップする